読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daichinome's blog

不妊治療 顕微受精 高齢出産 双子

久々

久々の移植周期。
3日に生理がきて、12日後に来院してくれとの話だったので
金曜に行ってきた。

血液検査と内診の結果 近々排卵しそうだからどうしても日曜日にも来てと言われ た。
私は用があるから、月曜日でって言ったのに無視されたわ。
仕方なし、予定キャンセルして日曜も朝一で行ってきた。


なのに…

血液検査と内診して、まだと言われて明日もまた来てと。
なんなんだ連日。
高い金払って血を抜いて、内診までしてるのに。
人間の身体は難しいって事ですかね、先生?
しかし、自分の妊娠のためだとはいえ
怒りの矛先は完全に先生。
いろいろとむかつく。

しかも、一万強かかったのに💔
月曜日も同じことして金取るなんてなんか腑に落ちない。
最近、不妊治療から遠ざかってた生活をしてたせいか、お金や時間が惜しくてたまらない。
仕方ないっていう気持ちがなかなか湧かない。
これも、週に数回クリニックに通う日々が始まるとなくなるんだろーか?

その日思ったこと。

〝帰ったら、旦那にあたろう!″


とゆーのも、休みの時は一緒に行くよ!と調子イイコトぬかしたくせに
ガンガン寝てるし。
なんとも、人間ってやつは…

金曜日に測った時 内膜は9mmだった。
卵胞は、22mm。
日曜日は、内膜は9mm。
えっ?一ミリも?ですか??( ;  ; )
卵胞は、22.8mmとわりと順当?

相変わらず、内膜の成長は乏しい。
まぁ、ここ1ヶ月妊活から離れた生活をしてたから、仕方ないか。
振り返ってみても、内膜に良い事なんて一つもしてないや。


言い訳ですが…
流産して、一時ヤケというか
妊活生活から、抜けたいとゆーか離れたいとゆーかで、やらかした生活だった。

そこで、踏ん張って頑張り続けるとゆー選択肢はあの時はなかったなぁ。
いつまで続くかわからない、続ける事が出来るのかわからないこの不妊治療
そこで踏ん張れるのは、子供が欲しいっていう純粋な強い気持ち。
どこかで、子供がいなくてもいいかな?なんて考えてる私には踏ん張る気力なんて微塵もない。


今思うと全てが新鮮だった。
本当に不思議。
妊娠してた頃の自分は、なんだか別のステージにいる感じがする。
ぶっちゃけて言えば、別人。
人ってあんなにも変われるもんなんだと、感心する。
妊娠した時に芽生えた母性は、あの子達と一緒に消え去った様だ。

今は、
しごく昔の事のように思える。
ヒトサマの、お話のようです。



それなのに、あの感覚は忘れられない。
腑抜けの様になった今でも また味わいたいと思っている。
不思議なもんだ。

そして、月曜日。
5時間のクリック滞在。
しっかり、疲れた。
排卵は昨日のうちにしてたみたいで、移植の予定が決まった。
水曜日に、SEET法
金曜日に、移植。
慣れなのかなんなのかわからないけど、前ほどワクワクしない。
いいのか、悪いのか??


平常心で、お迎え出来そうです。